動画 撮影 録画

ユーチューバーの必須アイテムは、ユーチューブの頁"ユーチューバー 必須装備"で解説したグッズがあれば、そこそこの動画を提供できる環境を整えられるでしょう。

 

これらの機材やソフトを駆使して、ブログ同様一日一善いな、一日一動画のアップロードがユーチューバーデビューの日課になります。

 

ユーチューバーでも有名なメンタリストDaiGoさんは、週に数回のアップロードが日課にされている様です。

 

彼の動画に要する時間は、10分を切ったモノから1時間を超える動画まで色々です。

旅行の動画でユーチューブ

 

独特の早口の口調で、活舌ヨロシク饒舌に興味あるコンテンツを披露されています。

 

彼自身、ユーチューバーとしての快適なライフをパフォーマンスされているイメージで、何となく気楽な雰囲気が漂った動画です。

 

その動画とは相反する様に、そのコンテンツの中身は濃厚で、彼の個性が発揮もされていて、"良薬口に苦し"な辛口な意見も、ユーザーの心をつかむ様な弁舌で、流麗に語っておられます。

 

トップクラスの彼らのトークをリサーチしながら、あなたの個性を光らせる技術を同じくリサーチして、ブログ同様毎日配信、毎日リサーチを当面、日課として投稿できれば、指数関数的増加で収入の流れを構築できる事でしょう。

 

長い道のりを想像しそうですが、せいぜい数年・・・。

 

大工や落語家は徒弟制度の下、3年前後の修行の末そこから一生が修行の日々・・・。

 

しかも自分の腕、口上が収入の源。

 

ユーチューバーなら、投降した動画がたとえ、投稿者が通院中でもタスクをこなしてくれます。

 

動画カメラ

 

野外撮影 動画

 

野外活動の撮影、特に動画撮影を一人で気軽に撮影したい時、ウェアラブルカメラが人気です。

 

コンパクトで肌身に装着できるカメラです。

 

例えば趣味の釣りの動画や、菜園での作業中の動画などを一人で撮影できるカメラです。

 

人気なのは、GoProとSony FDR-X3000が双璧です。

 

これに追従する様に、中国製の廉価版が人気を呼んでいます。

 

この2機種には、様々なユーチューバーから色々なコメントが、寄せられています。

 

主な特徴は、GoProの場合広角が効いていて彩色はカラフルで陽射しに強いイメージで、スポーティー・アクティブな動画に向いているイメージです。

 

Sony FDR-X3000は、GoProに比べて光量に乏しい、夕暮れや夜に軍配が上がっている様です。

 

またバッテリーと録画時間の長さも評判が良いのはSony FDR-X3000に軍配が上がっている印象です。

 

非常にコンパクトなので、ユーチューバーには評判のアクティブカメラです。

 

GoPro

 

FDR-X3000

 

姉妹サイト:シニアのパソコンビジネスインフォ

船釣り入門 釣ってみよう食べてみよう!

金持ち父さん貧乏父さん

 

 

イエウール

 

七福神ファクタリング

七福神ファクタリング

 

お気に入りシニアの懐メロ

個人的なお気に入りの懐メロは釣り行きの車中で楽しんだり、ブログ作業などでBGMとして楽しんでいます。

音楽は聴き慣れていても、時に感動が甦ったりして、心のコンディションに作用してくれたりすることもありますネ

(^◇^)

ココではこのHPの管理人の独断と偏見のマイフェなアルバムをツラツラとご紹介させて頂きます

m(_ _)m

 

'Round About Midnight

マイルス・デイヴィスのあまりにも有名な一枚。

 

セロニアス・モンクとはエピソードを残した件は有名なお話です。

 

Kind of Blue

それがどないしたん?

が有名です。

 

The Man With The Horn

マイク・スターン、マーカス・ミラーが共演したアルバム。

マイルス・デイヴィスで活躍したプレイヤーはどうしても押しなべて聴き入ってしまします。

後にご紹介する”Wheather Report”の二人もマイルスと共演しています。

 

Priestess

ジャズオーケストラ、ビッグバンド。

ギル・エヴァンスのアルバム。

CDになる前にLPで購入した思い出があります。

 

Jaco Pastorius

ジャコパスが在籍していた頃のWheather Reportがヤッパリ良かった派です。

 

Heavy Metal Be-Bop

East Riverは流行りました。

マイケル・ブレッカーは夭折したのが、残念だった記憶があります。

 

Black Market

Heavy Weater

8:30

Night Passage

最も脂の乗った時期の、Wheater Reportのアルバムだと思っています。

以上のアルバムはユーチューブで聴けるので是非とも聴いていただきたいアルバムです。

シニアの皆様の中には懐かしい作品ばかりです。

今もって古さを感じさせない作品もあるんじゃないかと思ってもいるのですが・・・(>_<)

 

 

ページトップへ