シニア 趣味 実益

シニアの趣味の説得力

 

あなたが長年愛してやまない趣味には、饒舌に語れる楽しさや喜びに、あふれている事でしょう。

 

家族の皆様にはその饒舌は、閉口されているかもしれません・・・?

 

 

けれどもあなたのサイトに訪れるユーザーには、喉から手が出るほど、聞きたい・読みたい・観たい情報です。

 

同じ趣味を持ったユーザーに、あなたの趣味を公開出来れば、趣味をシェア出来ます。

 

同じ趣味を、ノウハウを公開すれば、逆にベネフィットもあなたの手元に届く事でしょう。

 

「与えよ、さらば与えられん」の法則です。

 

アフィリエイトタグを一つ、サイトにペタンと貼り付けて、収入の流れの一つを構築します。

 

既存の商品のおススメならLPは、不要です。

 

あなたのオリジナル商品には、LPを魅力いっぱいにしてコンテンツ化します。

 

あなたの趣味に対する魅力を心を込めてコンテンツにすれば、同じ気持ちを持つあなたの知らない世界の人々から共感を得られて、そのタグから収益が発生するでしょう。

 

魅力ある文章で、ランディングページを作成します。

 

LP(ランディングページ)は、オーバートークに注意して、何時もの趣味に対する情熱を忌憚なく、淡々と語る雰囲気が多くの人々の共感を得られるでしょう。

シニア 趣味 山歩き

冗長を避けて、濃密なコンテンツを目指して、誰にでも判りやすい文章をひねり出して、日々コンテンツ作成に精進します。

 

その成果は、数日後あるいは数年後に、萌芽するでしょう。

 

成果の時短を望むのなら、SEO対策やリサーチを駆使して、ターゲットに向かって戦略を構築しましょう。

 

すべてはあなたのリサーチ力の蓄積に、依存します。

 

それは日々の努力で、日増しに向上します。 それはあたかもあなたの趣味に接するが如くに・・・。

 

徹底活用 Google アナリティクス デジタルマーケティングを成功に導く解析・改善のための操作ガイド

 

問題を解くだけですらすら文章が書けるようになる本 [ 山口拓朗 ]

 

 

シニアのパソコンビジネスでその優位性を活用する

 

シニアな私たちが顧客を見込める優位性とは、これまでに培ってきた経験と無数のアーカイブにあります。

 

それらの中には、顧客に教授する内容が多分に含まれている事でしょう。

 

家族はあなたのその言動に耳を傾けなくても、顧客はソコに魅力を感じて、あなたの情報を理解したいと思っています。

 

その中には、一朝一夕では解決できない内容を、書かなければならない場合が、あるでしょう。

 

その辺りを顧客に理解してもらって、なおかつあなたのファンになってもらうためには、色々な手練手管が必要になって来ます。

 

とはいえ、あなたの情熱や信頼を勝ち取らなければ、話になりません。

 

話を盛ることなく、正直に素直に真実だけを淡々とコンテンツにして、顧客への気持ちを理解してもらう一つの術として、チョットした人間論も必要になるかもしれません。

 

あなたから顧客の皆様に一つのプレゼントになるかもしれません。

 

シニア パソコン ビジネス 実現のために

 

姉妹サイト:シニアのパソコンビジネスインフォ

船釣り入門 釣ってみよう食べてみよう!

金持ち父さん貧乏父さん

 

 

イエウール

 

七福神ファクタリング

七福神ファクタリング

 

お気に入りシニアの懐メロ

個人的なお気に入りの懐メロは釣り行きの車中で楽しんだり、ブログ作業などでBGMとして楽しんでいます。

音楽は聴き慣れていても、時に感動が甦ったりして、心のコンディションに作用してくれたりすることもありますネ

(^◇^)

ココではこのHPの管理人の独断と偏見のマイフェなアルバムをツラツラとご紹介させて頂きます

m(_ _)m

 

'Round About Midnight

マイルス・デイヴィスのあまりにも有名な一枚。

 

セロニアス・モンクとはエピソードを残した件は有名なお話です。

 

Kind of Blue

それがどないしたん?

が有名です。

 

The Man With The Horn

マイク・スターン、マーカス・ミラーが共演したアルバム。

マイルス・デイヴィスで活躍したプレイヤーはどうしても押しなべて聴き入ってしまします。

後にご紹介する”Wheather Report”の二人もマイルスと共演しています。

 

Priestess

ジャズオーケストラ、ビッグバンド。

ギル・エヴァンスのアルバム。

CDになる前にLPで購入した思い出があります。

 

Jaco Pastorius

ジャコパスが在籍していた頃のWheather Reportがヤッパリ良かった派です。

 

Heavy Metal Be-Bop

East Riverは流行りました。

マイケル・ブレッカーは夭折したのが、残念だった記憶があります。

 

Black Market

Heavy Weater

8:30

Night Passage

最も脂の乗った時期の、Wheater Reportのアルバムだと思っています。

以上のアルバムはユーチューブで聴けるので是非とも聴いていただきたいアルバムです。

シニアの皆様の中には懐かしい作品ばかりです。

今もって古さを感じさせない作品もあるんじゃないかと思ってもいるのですが・・・(>_<)

 

 

ページトップへ