パソコンを使いこなす楽しさ

シニアほど、キーボードを叩こう。

 

ネットではあなたの知識があなたの生活を支えてくれる。

 

本物のマイ・ビジネスをネットで始めてみませんか。

 

定年退職して、余命を無駄に過ごす暇などありません。

 

これまで以上に健康で面白い生活を、手に入れられる好機を掴みましょう。

 

今から始めても、決して遅くはない。

 

今、キーボード叩いてネットサーフィン出来るのなら、ネットを活用して、 ビジネスを構築する方法は極少の投資で、いくらでもあります。

 

あなたが今から始めるネット起業は、まさに今がシニアな人々の特権、シニアのチャンスな頃合いだと言えるでしょう。

 

今までのあなたの人生経験が、これからの生涯に経済として身を助けてくれる事が可能なのが、今のネットな社会。

 

なので、あなたの人生・アーカイブをあなたが過小評価していては、大変な損なのです。

 

シニア パソコンで趣味とビジネス

 

世界はあなたのアウトプットを待っている。

 

今までの経験がモノを言います。

 

PCやネットは、インプットとアウトプットをリアルタイムで叶える道具(グッズ)として活用しない手は、無いでしょう。

 

何をコッパズカシイ事をとか、つまらぬ事などとか考えているのなら、それは 呪縛された頑迷な固執なのかもしれません。

 

古来、頑迷からは何も生まれなかった。

 

頑迷なシニアのイメージは、色あせた葉の様にヒラヒラと木の枝から舞い落ちる、落ち葉の様・・・。

 

濡れ落ち葉の様に畑や山々のたい肥にでもなれば、まだまだマシ。

 

アスファルトの濡れ落ち葉は、クルマのスリップを誘うだけ・・・?

 

受け身な雇用から積極的な起業家への発想は、そんなダブルバインド的発想から では、中々な長い道のりの作業になる事でしょう。

 

しかし世界はもうこれからは、もはや安定とは妄想で無常こそが、真理だと言う事を 私たちに強要しているかの様です。

 

そんな世界を生き抜くためには、生涯学習こそが人生、常に前進、止まれば死ぬくらいの気持ちの方が、良いのかもしれません。

 

終身雇用・学歴社会はもう長続きしそうにはない空気感漂う、都会の雑踏。

 

シニア世代は、思うかもしれません。

 

大成功を納めた人物には、

 

試練があった。

 

家系があった。

 

才能があった。

 

運があった。

 

そのいずれかに当てはまった者だけが、掴んだ人生だと・・・・。

 

果たして、それは事実なのでしょうか・・・?

 

それを知りたいとか、考えたいとか、すら思わないかもしれません。

 

諦観や無関心は、あなたの精気を奪う魔物かもしれません。

 

第一健康的とか、躍進的ととか、鮮やかさ、胸のすく思いなどとはかけ離れた、暗過ぎて、真っ黒で、息苦しくて呼吸困難なイメージです。

 

無常結構、膨張する宇宙結構、IT・AI技術革新大いに結構・・・。

 

今では義務教育の内容すら、ネットやユーチューブで知る事が簡単に出来るし、引きこもりでも自宅で勉強できる環境。

 

しかも昔の様な乾物なお勉強ではなくて、生々しい鮮度で学習できたりもします。

 

そしてその状況は、未来に向けて更に加速されて、拡大・進歩していく。

 

AI(人工知能)やIT(情報技術)が、多くの社員を肉体労働から解放する日はもう目の前なのは、肌身に感じている事でしょう。

 

シニア パソコンで趣味とビジネス

 

まだまだだと思っていると、アッという間なのがスピード化な今の世の中。

 

会社に通勤して労働するというスタイルはいずれ、縮小傾向な気配です。

 

少なくとも数年もたたないうちに、ごく稀なケースへと変わっていく事でしょう。

 

さてネットワーク社会では、引きこもりタイプな人も、五体不満足な人も活躍して いて、中には年収も一般的なサラリーマンを凌駕している、若いビジネスマンさへ活躍したりしています。

 

彼らは身体的・精神的な劣勢を凌いで、ネットでビジネスを起こして誰にも雇われずして、 自ら稼いでいる。

 

ココで再び、「PCやネットは、インプットとアウトプットをリアルタイム で叶えるグッズ」という事を、考えて見るべきではないでしょうか。

 

確かに、そんな活躍をしている人々は、少数派でほんの一握りな特別なケースだろうなどと、思うかもしれません。

 

でも実際はその逆で、氷山の一角だという事に思い知らされるでしょう。

 

名も告げず、姿も見せなくてもネットビジネスは可能だから、その実情は見えにくいし、知られにくい。

 

裏を返せばどれだけの人々が、どのようにしてネットで生計を立てているのかを知るには、あなたがその事実を知ろうとするのなら、

 

シニア パソコンで趣味とビジネス

 

あなたがリサーチするしか、それは証明する事ができないと言う事です。

 

ネットもまた仮想の世界というのなら、ココでの話は終わるでしょう。

 

あなたの好機も一つ、消える事になります。

 

しかしその事実は、シッカリ納税して、法を順守して義務を果たしてさへいれば、 このビジネスは成立しているのです。

 

ココでシニアのウィークポイントを考えて見ると、それは時として今までの経験がネガティブに作用する場合に、顕われたりします。

 

すなわち、世間からの呪縛、常識、周囲との調和を維持したいがために、本質を覆い隠してきたベールをあえて剥がそうとせず、むしろ不要だと感じてきたとか、あるいは関わりたくないという波風を凌いできた、いわゆる安定に依存しようとしてきたクセだとも言えるのかもしれません。

 

防御本能が誤作動するのも、色々な要因のなせる結果でしょう。

 

多年の社会生活から受けた自己防御反応への暗示とか、人類の歴史、労働者や消費者の確保のための教育とか、政策とか・・・?

 

そう言えばアウトローなヒーロー紋次郎も、「アッシには、関わり合いのネェこって」と断りながらも、致し方なく関わらされて、世間を旅していた・・・?

 

今や少々の熱意さへあれば、そしてあなたのネット環境さへ整えらさへすれば、自宅で情報を収集して、あなた独自の情報を世界に届ける事が、可能な世の中になりました。

 

それがどういうことなのか、冷静に考えるのは、決して無駄ではないでしょう。

 

あなたの目の前には、好機が訪れています。

 

好機をつかむには多少の勇気と自分を信じる・肯定する気概が、必要なのは言わずもがな・・・?

 

オフェンスは最大のディフェンス。

 

孫子の兵法から授かった知識はここで発揮できれば、それがあなたの才能。

 

今までの人生が無駄ではない事を、自力で証明出来るのが、"ネットビジネス"だとも言えます。

 

自信

 

あなたの生きたアーカイブは、ネットと連動させれば富を築くことにつながる。

 

その発想を具現化する何もかも、例えばノウハウや管理すらネットは、あなたに教授してくれて、構築もしてくれる。

 

もう、そんな世の中。

 

一足早く、若いビジネスマンも活躍しています。

 

もちろん、同世代のビジネスマンだって。

 

彼らは概ね人任せにはしない、依存しない、自分で切り開くパイオニアです。

 

とは言え、道筋はネットで解決する事だって簡単。

 

先人の知恵をゲットする事も出来るので、時短で成功を修める事も出来ます。

 

みたび申しましょう。

 

PCやネットは、インプットとアウトプットをリアルタイムで叶えるグッズです。

 

これを縦横無尽に操れるという事は、すなわち自ら考え、探り出し、 ビジネスを構築して成功するという道のりに繋がり、後は本人の熱意が、その行動を維持出来るか否かに依る。

 

という事をツラツラ説明するのは、もはや釈迦に説法でしょう。

 

悟り

 

(熱意の維持) ≒ (好きになる or 好きな事 or 関心事)

 

(生涯学習) ≒ (興味 or 好奇心)

 

もし、ネットビジネスで成果を期待するのなら先ずは、得意分野を如何にしてビジネスに結びつけるか・・・?

 

それが、喫緊の課題だと言えるかもしれません。

 

その件なら、いくらでも語れる。口やかしいほどに・・・。

 

普段寡黙でもいきなり饒舌になれる様な何かがあれば、ソコから色々な切り口で、上手くネットで自己表現できれば、あなたへの収入の流れが生まれるかもしれません。

 

それには、既に先人がいるかもしれないし、いないかもしれない・・・。

 

先人がいればレクチャーを受けられるかもしれません。

 

収入の流れを知って同じ事をすれば後発だって、その流れは作る事は出来ます。

 

いないのなら、富を構築する大きな好機になるでしょう。

 

パソコン1台・スピーカー・マイク付きヘッドホン・スマホ(カメラ)程度で起業できるのが、ネットビジネス。

 

ココでは、そんなアレコレの一件をご紹介しています。

 

人間は考える葦である(パスカル) 人は死ぬまで考え続ける。


何の取り留めもないまま、考える事が本能の様に死ぬまで考えるのでしょう。


意識のある内は・・・。


あなたの趣味や趣味を通してビジネスの構築にチャレンジするのは、中々面白い作業になるでしょう。


趣味をブログなどで公開して、同じ趣味を楽しんでいるユーザーとインターネットで繋がれば、お互いのインプット・アウトプットでその幅や奥行きにも広がりが期待できて、ますます趣味への造詣も深くなっていく事でしょう。


ビジネスの構築も、最初はノロノロ牛やカタツムリの様な歩みで、日々の変化に気が付かない程の何の変化もない事でしょう。


しかしながら毎日コツコツ続けて行くうちに、インターネットにブログなどのコンテンツを通して、アウトプットを続けて行くと、指数関数的に反応があなたのもとに訪れる事になるかもしれません。


日々の生活の楽しみの一つとして、ブログを始めてみるのも、日々の生活に生きがいが生まれてハリが出来るかもしれません。


始めはコツコツと、毎日1000文字程度の作文から始めてみてはいかがでしょう。


後日、校正して多くの人々にわかりやすい文章に訂正しながら、ネットで検索して学習もしながら、色々と試行錯誤して将棋や囲碁の様にゲーム感覚で楽しめる様になれば、結構楽しい作業になるかもしれません。

 

PCだから

パーソナルコンピューター。

 

マイパソコンに必要となるのなら、Word・Excelも格納しておいても良いでしょう。

 

PCを趣味や実益を兼ねるお宝の箱にするには、

 

・ネット接続

 

FFFTP 定番アップロードフリーソフト

 

Lhaplus 定番解凍ソフト

 

Evernote コンテンツ管理帳

 

GIMP 画像処理作成フリーソフト

 

などが、あなたに収入の流れを導いてくれる武器になります。

 

ネット接続以外は、どれも無料ツール。

 

活用しない手はありません。

 

シッカリ腰を据えて、ジックリ生涯学習と実益を創造・具現化するのなら、PCはあなたの最もよい相棒になってくれます。

 

取っつきにくいかもしれません。これらのソフトを使いこなすのは・・・。

 

けれども始めは何も判らずに、カチャカチャしていればいずれ、"なるほどね"とうなずける日が訪れます。

 

日がな一日の退屈な時にでも、PCを開いてとにかく子どもが玩具を振り回す様に、色々試してみましょう。

 

パソコンの世界は、取り説が難しいかもしれませんが、ヒトの共通認識になるべく訴求する様に逐次、進歩しています。

 

向こうから手を差し伸べてくれている事に、ある日、気が付くでしょう。

 

こちらからもその手を掴むように行動します。

 

その行為の一つが、"日がな一日の退屈な時にでも、PCを開いてとにかく子どもが玩具を振り回す様"というイメージです。

シニア パソコン ビジネス 実現のために

シニアのパソコンビジネスインフォ

シニア パソコン ビジネス 実現のために

 

POWER VS.FORCE(パワーか、フォースか)

 

ご参考になれば幸いです(^◇^)

 

無意識の活用方法

 

今まで気がつかなかった、潜在意識(無意識)を活用して新たなビジネスを成功させましょう。

 

秘めた力を解放して、シニアでもパソコンでビジネスが展開できる、マインドと具体的な戦力を手に入れましょう。

 

 

姉妹サイト:シニアのパソコンビジネスインフォ

船釣り入門 釣ってみよう食べてみよう!

金持ち父さん貧乏父さん

 

 

イエウール

 

七福神ファクタリング

七福神ファクタリング

 

お気に入りシニアの懐メロ

個人的なお気に入りの懐メロは釣り行きの車中で楽しんだり、ブログ作業などでBGMとして楽しんでいます。

音楽は聴き慣れていても、時に感動が甦ったりして、心のコンディションに作用してくれたりすることもありますネ

(^◇^)

ココではこのHPの管理人の独断と偏見のマイフェなアルバムをツラツラとご紹介させて頂きます

m(_ _)m

 

'Round About Midnight

マイルス・デイヴィスのあまりにも有名な一枚。

 

セロニアス・モンクとはエピソードを残した件は有名なお話です。

 

Kind of Blue

それがどないしたん?

が有名です。

 

The Man With The Horn

マイク・スターン、マーカス・ミラーが共演したアルバム。

マイルス・デイヴィスで活躍したプレイヤーはどうしても押しなべて聴き入ってしまします。

後にご紹介する”Wheather Report”の二人もマイルスと共演しています。

 

Priestess

ジャズオーケストラ、ビッグバンド。

ギル・エヴァンスのアルバム。

CDになる前にLPで購入した思い出があります。

 

Jaco Pastorius

ジャコパスが在籍していた頃のWheather Reportがヤッパリ良かった派です。

 

Heavy Metal Be-Bop

East Riverは流行りました。

マイケル・ブレッカーは夭折したのが、残念だった記憶があります。

 

Black Market

Heavy Weater

8:30

Night Passage

最も脂の乗った時期の、Wheater Reportのアルバムだと思っています。

以上のアルバムはユーチューブで聴けるので是非とも聴いていただきたいアルバムです。

シニアの皆様の中には懐かしい作品ばかりです。

今もって古さを感じさせない作品もあるんじゃないかと思ってもいるのですが・・・(>_<)

 

 

ページトップへ